読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

フィンランド旅行①~ヘルシンキでスマーフを見た~

海外旅行 フィンランド2012

 それは2012年9月のこと。

友人(通称ぽんちゃん)と、ふたりでフィンランドに行ってきました。

きっかけはぽんちゃんの、

「あたしフィンランド行きたい」

という一言。

基本、旅先に見境のないわたくし。「行きたい」と言われれば、「じゃあ行こうか」ってなるわけで。

あんまり即答過ぎて言いだしっぺが若干引くこともありますが(行きたいんと違うんかと)、流石ぽんちゃん。慣れたもんです。だってここ数年、毎年ふたり旅ですから。

でも旅行の手配はすべて、わたくしモヌのお仕事です。だってあたし、しっかり者だから!飛行機、ホテル、交通手段!観光地やお買いもの処の場所や営業時間まで!なんだってめっさチェックするし!隙は見せねーといわんばかりのあたし!

まさか飛行機の搭乗時間を間違えるとはね。

あたし結構素直。謙虚で正直なキャラで30年間生きてきたわけ。

フィンランド出発当日、ぽんちゃんとは成田空港で待ち合わせ。若干の電車遅延もあり、10時ちょい過ぎ無事合流。搭乗予定のフィンエアーは12時テイクオフだと思ってたからね。まあばっちし予定通りだぜ、と。

で、まずチェックインカウンターに行くじゃない。で、我々も行くわけですよ、浮かれつつさ。でもね、

ど~も~、お世話になりまーす。

って雰囲気では、間違ってもないわけ。閑散としたチェックインカウンターに、なんか職員の方々だけが7人くらいいらっしゃって、全員真顔でこっち見てるし。なんでそんなに緊迫感にあふれているのかと。ちょっとお話聞きましょうか?なんて思ってたら、あちらさんから聞きにきた。しかも小走り。めっさ慌ててる。で、走りながら彼女が言ったのよ。

「野良の末裔さまですかっ!?」

って。

そうです、わたしが野良の末裔です。

って答えたら、何かが始まったよね。カウンターでスタンバッテいたお姉さんたちがマッハで我々のパスポートやE-チケットを強奪して手続き開始。5人くらいで寄って集って手続きしてる。そして2人の男性職員は計量の終わった我々のスーツケースを奪うようにして去っていくわけ。

あたしも「おや?」って思うわけ。一体どうなさったんですかー?なんつって。したっけお姉さんが、

「お客様、搭乗時間はご確認されましたか?」

みたいなことおっしゃるんで、

「12時ですよねー」

なんつって。

「11時です!」

って言い返されて。

「12時って書いてありましたよ!」

って。別に、意地になって言ったわけじゃないんです。素直で正直がモットーですから。本当にそう思ってただけで。ただ旅行会社から送付されたスケジュール表には、たしかに出発時間は11時と記載されておりました。

お姉さんも、「11時です!時間がありません。走ります!」

って。後はもう平謝りって、ほんとこのこと。カウンターの皆さんにはもちろん、走りますのお姉さんにも謝りたおしまして、はい。以後気をつけます!なんつって。

無事搭乗することができました。本当にありがとうございました。

でもってフィンランドヘルシンキに到着して、ホテルのチェックインでも一波乱あったけどもう割愛するよね。成田空港の時点でもうお腹いっぱいなんだっつーの。

で、ホテルの部屋でようやく落ち着いたときにはもう夕方。とりあえずスーパーマーケットにでも行って、水や軽食を買いに行こって話しになり、通りかかったマクドナルドで我々は見てしまったの。

あの小人たちを!

f:id:arupounya3:20120913055013j:plain

スマーフじゃね?

フィンランドといったらさ、ムーミンじゃん?こっちもその所存で来てると言っても過言じゃないわけ。我々に限らずね。

でもムーミンじゃねーし。

スマーフだし。

ナイキのTシャツ着たスマーフ

飛行機の搭乗時間を間違えて、成田空港では大慌て(主に職員の皆さんが)。

ヘルシンキでホテルにチェックインしようとすれば、ノーリザベーション言われるし。

へとへとです。でも、そんな心を癒してくれたのは彼らスマーフたちでした。

どうもありがとう!

 

人気ブログランキングへ