読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

ちょいちょいぶっこむ番外編~靖国神社でうしろ!うしろ!(前編)~

f:id:arupounya3:20140715225624j:plain

末裔先日、みたままつりへ行ってまいりました。

 

国と国がわーわーしたっつーか、まあようするにウォーがをはりました的なお日にちも近づいてきていることですし、なんとなく厳粛な気持ちになっとこーか?っつー雰囲気漂う季節柄、そして場所柄。

 

そんな靖国神社のみたままつりへ末裔は行ってきたんですけれども。
厳粛とか神妙とか?あの広い境内ですから?探せばどっかにあるんでしょうけれども?
末裔ちょっと見当たらねーの。
なぜならば、
浴衣姿の若い女子!スマホで自撮りの若いカップル!
そんなきゃっきゃうふふばっかし!
 
しかし末裔、そんな状況だからといって、不謹慎とは思いません。
きゃっきゃうふふしたっていいじゃない。
おかげさまです。
ようするに何が言いたいかってーと、みたままつりはとても賑やかで素敵なお祭りです!
 
で、ちょっとハンドル切らせてもらうようだけれども、鮎の塩焼きって、とっても美味しいじゃないですか?
鮎釣り解禁なんて聞くと末裔、鮎を食べに川へ行きたくて行きたくてもうしょうがねーの。
で、実際、この日も靖国神社までの道すがら、鮎食べてーなー鮎食べてーなーっつって、
できるもんなら鮎を召喚したいっつって、呪文のごとくぶっつらぶっつら唱えていたわけ。
そのくらい、わたしは鮎が食べたいんです。
そんなんだから出店の「鮎の塩焼き」と染められた横幕を見たら、もう即決なわけ。
財布がパッカーンするわけよ。
それ頂戴!
つって。
食べた過ぎて1匹500円のところ慌てて400円払って。
足りねーよ。
つって、出店のおっさん、無表情で当然の請求。
そして末裔が、ですよねー。なんてやっている間に気がつけば、一緒に来ていた同僚ふたりが先へ
行ってしまっていたもんだから、慌ててふたりに追いつこうとしたその時、末裔の目に飛び込んできた
光景がありました。
それは末裔の連れに、背後4時方向から、気功パワーを送るおっさんの姿!!
 
おまえら!うしろ うしろー!!
 
しかも末裔見てたけれども、二度見して、ハッとした顔してからの気功だからね。
はぁあぁぁ~~~っ!つって。
なにそれこわいんですけど?
そんなんだから、末裔が一瞬たじろいだってしょうがねーの。
だってふたりに追いついたら、末裔もパワーを送られてしまうんでしょう?
 
しかし人でごった返したみたままつりです。ここでふたりを見失ったら後がめんどくさいなんてことは、
食べる前から鮎が美味しいのと同じくらい明白じゃないですか。
なもんで。
ええ、ままよっ!
つって同僚に追いついたんですけれども、末裔は決して振り向きませんでした。
だって振り向いたりしたら、気功おじさんと目が合ってしまうかもしれないでしょう?
 
そんなわけで皆さま。
靖国神社のみたままつりへ行かれた際には、背後に注意してみてはいかがでしょうか?
振り向けば、気功おくってるおっさんがそこにはいっから。

↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。

人気ブログランキングへ