読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

タイ旅行①~国境には意味がある~

海外旅行 タイ2014

f:id:arupounya3:20131103234645j:plain

おいでませタイ。

 

ってなわけで、タイ旅行編スタートです。

今回の同行者は身内です。ざっくり紹介させていただきますと、

パパリン(伯父)。

ママリン(伯母)。

りょこさん(従姉)。

そしてわたくし末裔の4名がメンバーとなっております。

 

彼らとは成田空港で待ち合わせ。

ちなみに、このメンバーで海外旅行=末裔がツアーコンダクターと思っていただいて結構です。でも彼ら、だいぶ自由奔放でのびのびとした思考回路の持ち主でして。しかも全部投げっぱなし。そんなんだから、基本的に目が離せません。なに仕出かすかわかんないの。

そんな彼らをコントロールしながらチェックインをすませた我々末裔一行は、まずは免税ショップへと向かいました。

早速りょこさんがスワロフスキーのピアスを購入。

うん、問題ない。

ママリンが某ブランドショップで店員さん相手に、買いもしない財布の色の在庫を確認している。

これもまあ、問題ない。

 

そんな中、両替どうする?ってな話しになりまして。

なぜなら我々がタイの空港に到着するのはほぼ深夜。末裔もタイは初めてなもんで、空港の施設の詳細がわからない。なもんで、両替所が深夜もやっているかどうかわからなかったもんですから、ここは無難にね、ある程度は成田で替えておこうかっつー話しになりまして。

(ちなみに深夜到着時でもタイの空港の両替所はやっておりました)

で、並んだ両替所には窓口が2つあり、まずはじめに末裔が、少しの時間差でりょこさんが窓口へ同時に並んだんですけれども。

それは遡ること数分前。まだ順番待ちをしていた時のこと。

「いくら替える?」

ってな会話をね、りょこさんとしておりまして。末裔は1万円。バーツにすると約3000バーツですよ。で、りょこさんは、

「あたし2万替えとくわ」

って言っていたっけなぁ・・・(遠目。

で。

いざ両替所の窓口で並んだその時ですよ。聞こえてきたのは、

2百万(うろおぼえ)になりますねー」

っていう窓口のお姉さんの言葉でした。

それ聞いて末裔、

うん?

ってなったのね。

だってそれって絶対に、なっちゃいけない桁じゃないですか。

2万円両替したんなら、だいたい6000バーツにならなきゃおかしいんですよ。それなのに、単位が尋常じゃあないじゃないですか?

なもんで、

ばっきゃろうっ!

つってとなりの両替窓口に割り込んで、

「この人なんの通貨に替えましたか?」

って、聞いたら言われた。

ベトナムドンです」って。

 「・・・」

 

ベトナムには行きませんよ?

っていうか、行くのはベトナムじゃぁねーんだよ!!

 

早速仕出かしたご本人はと言えば、離陸後テレビモニターでマップ画面を見ながら言ったよね。

「でも、タイとベトナム隣だよ」

って。

「で?」

ってなるじゃないですか?

 

っつーか原始人じゃねぇんだから、さらっと国境の概念否定すんのやめてくんない?

言おうか。

この人これでも看護師なんだぜ?

 

皆さま。

万が一入院などをする際には、看護師をじっくり観察してみては如何でしょうか?どこかにりょこさんが混ざってっから。

是非!

 

もしよかったらひと押しお願いいたします。

人気ブログランキングへ