読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

山形旅行⑪~パンケーキショックは突然に~

f:id:arupounya3:20150531053135j:plain

目と目で通じ合いたい。

 

さて、山形旅行も終盤です。

最終日は、山形県南陽市にあります、熊野神社へ行ってまいりました。

今回の旅行のメインはあくまでも山寺で、熊野神社にはもし時間があれば行こうかなくらいの予定だったんですけれども。。

がしかし、ですよ。

結果的にはこの旅一番の感動を末裔に与えてくれた場所となりました。

なんせ山寺はハードルがあがってましたからね。念願っつーハードルが。それにたいして熊野神社は完全にノーマークでしたからね。バルセロナオリンピックの水泳女子で当時最年少だった岩崎恭子さんが金メダルをとったのだって、ノーマークだったことが大きいと言われていますからね。

何が言いたいかっていうと、ノーマークだと感動の振り幅が半端ないって話しです。

 

米沢駅から赤湯で、山形市出身の友人も乗ったこのがないというフラワー長井線に乗り換えて、宮内駅へ参りました。熊野神社はそこから歩いて約10分ほどでしょうか。

見かけた人影は数えるほど。そんな町中を歩いて到着したんですけど、それがここ。

f:id:arupounya3:20150601023312j:plain

おおっ!?

ってなった。

だってノーマークだったのに。

なにこれ素敵。

f:id:arupounya3:20150601021731j:plain

 あんなにノーマークだったのに!

こんなに素敵だなんて!!

こちらの神社、本殿裏にうさぎが三羽隠し彫りされていて、すべて見つけると幸せになれるという、人にやさしい素敵な言い伝えがあるとのこと。

ちなみに末裔もあわよくばと思って見上げてみたんですけど、なんて言うかこう、角度が首にやさしくなかったもんですから、早々に諦めました。ついでに、小さい頃はいつかして当たり前と思っていた婚姻契約的なものや子孫繁栄の貢献についても同時に諦めさせられるような心境になりました。

 

そんなひとりで勝手に悲しくなりつつも、もうひとつ感動したことがありまして。

それがパンケーキなんですよ。

ここ数年、やたらパンケーキが持て囃されてる。でもその気持ちもわからなくないわけ。だっておいしいじゃないですか?パンケーキだかホットケーキだか、違いなんて知りませんし、知ったところでどーでもいい、けどおいしいと思うんですよ。

で、熊野神社の境内の中には小さなカフェがありまして。それがこちら。

f:id:arupounya3:20150601023421j:plain

icho cafeさんです。

それほど広くはありませんがゆったりできる店内配置と、硝子戸と自然光で開放的で気持ちのいい店構えの小さなカフェとなっております。

こちらでいただいたパンケーキ。

旅行マジックとか抜きで、いままで食べた中で嘘偽りなく一番おいしかったです。

 

旅行日としては最終日。この後はもう米沢へ戻って帰りの新幹線に乗車するのみ。しかし米沢へ戻ったところで観光できるほどの時間もない。

っつーわけでもう最後。

こちらでのんびりして帰りましょう!

ってことでおやつにパンケーキを注文したんですね。でも内心思うわけ。

ここまできてパンケーキを食べなくても。

って。

だって東京には数えきれないほどのカフェがあって、パンケーキがおいしいって評判の有名店がすっごくたくさんあるわけですよ。

 

でも、まあね、いいじゃない、と。

小腹も減ったし、おやつにいただこうじゃない、と。

特別な期待はしていなかった。そんな末裔の前へと運ばれて来たパンケーキ。

それがこちら。

f:id:arupounya3:20150601024103j:plain

シンプルな一品。

そして断面がこちら。

f:id:arupounya3:20150601024459j:plain

これがほんとうに冗談抜きで信じられないくらいおいしかったんですよ!

これ、あれじゃね?もしかして、ネバーランドの食べ物なんじゃね?

ピーターパンの主食って、これなんじゃね?

って思うくらい。もはやファンタジーの域なんですよ。

ぱっと見シンプルでそれなりの手ごたえのありそうな、よくある一品かと思いきやですよ。フォークを刺すだけでつぶれてしまう、ぱっと見ではわからないそのやわらかさ。そして表面には溶かしバターが塗ってあるのか、口当たりなめらかでしっとりなんだけど裏面はさくさくで、その食感がまた絶妙なんです。

末裔もね、色んなパンケーキを食べてきましたよ。そう、多くのパンケーキと出会ってきた。チョコレート、アイスクリーム、生クリーム。胡桃にフルーツ、ツナマヨ、時にはソーセージなどなど。様々な付け合わせに飾り付けられた、派手なやつらに金つぎ込んだ。

でも今回の旅で思い知らされた。

あんなん全部、ただの誤魔化しに過ぎなかったってことに!

ほんとうにおいしいものには、余計なものはいらないんですね!

Good Looking GuyがTシャツとジーンズだけで様になるのと同じですね!

でもやっぱり色々なトッピングに誤魔化されるのも嫌いになれない!

 

で、メニューを見ていたらパンケーキのところに、「日本一おいしいホットケーキと言われている東京の老舗から教わった~」とあったんで、帰り際にどこのお店か聞いたところ、まじで有名な老舗でした。

 

東京でもこの味がまた食べられるなんてうれしい!

でも東京でも食べられるんだっ!?

なんでだろう、複雑っ!でも総合的に考えると結論としてはやっぱり、

うれしいです!!

 

ってなわけで皆さま。

このおいしいパンケーキを東京でワンモアしてみてください。なんせicho cafeさんの師匠ですから。ただし休日はめっさ行列らしいんですけど、関東近郊在住の方なら山形までの交通費と時間を考えればどう考えてもなんてことないので、是非。

 

↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。

人気ブログランキングへ