読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

兵庫旅行⑥~スルー御免の一騎打ち~

兵庫 国内旅行 2015

f:id:arupounya3:20151227224439j:plain

手と手を合わせて。

 

さて2日目。

朝一番に末裔、源平ゆかりの地。

f:id:arupounya3:20151227214906j:plain

っつー顔パネのある須磨寺へ行ってまいりました。

こちらのお寺さん、源平にゆかりが深いということなんですけれども、平敦盛公遺愛の笛と伝えられている青葉の笛や敦盛公錦絵(数枚)といった宝物、そして敦盛公墓所があるとのことで。どうやら源平の中でもとくに敦盛公が目白押しっていう。

 

で。

参拝のため、

f:id:arupounya3:20151227215836j:plain

3本10円の激安ごん太お線香を購入し、本堂にて手を合わせます。

ご本尊は聖観世音菩薩さまです。

そしてさらに奥の院があることに気がつきまして。

あら行こうじゃないの・と。

で、奥の院ルートはこのようになっているんですけれども、

f:id:arupounya3:20151227220317j:plain

所要時間はだいたい20分前後でしょうか。

思いのほか腰にくるコースとなっておりましたが、明るさと静寂の風景に心は癒されます。

f:id:arupounya3:20151227221950j:plain

 そして冬の中にある色彩を見つけ、

f:id:arupounya3:20151227221535j:plain

奥の院から戻ればそこでは一騎討ちですよ。

f:id:arupounya3:20151227223657j:plain

まあこのふたり(平敦盛さん&熊谷直実さん)が一騎討ちしていることは、行きでも気づいてはいたんですけれども。

末裔、源平界隈はノーマークのため納得のスルー。

でもこの場面、源平好きの方々にとっては涙なくしては見れない場面とかなんとか聞きかじりましたがいかがでしょう?

 

さて皆さま。

須磨寺については、他にも源平を偲んで訪れた文人さん達の句碑・歌碑も多くあり、お坊さんも親切にしてくださり、末裔なんかよりも須磨寺さんを満喫できる方はたくさんいらっしゃることだと思います。

なので、我こそは!というそこのあなた。

是非!

 

↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。

人気ブログランキングへ