読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

京都旅行(後編)~ふたつのカフェと陰陽思想~

f:id:arupounya3:20161113131805j:plain 

 メインは背中。

 

さて。

昼食をいただきに、百香居(ばいしゃんきょ)さんへ行ってまいりました。

いただいたのは、こちらの豆皿16膳(3,500円)です。

f:id:arupounya3:20161015131104j:plain

 この小皿料理に、あっつあつの土鍋ふかひれあんかけご飯が、おまたせ!!っつって追っかけてくるというメニューとなっているんですけれども。

いやぁー、すべておいしかったです。

お味、量はもちろんのこと、わかりやすい愛想ではなくて淡々としかし隙のない接客もすごくよかったです。

お料理作りと提供などの接客をひとりの男性がしてくれたんですけれども、なんといいますか、猫に好かれそうな人。って感じの接客っていうか。

はい。

 

で、この日ってーのがどうやら漢字ミュージアムの開館日だったようなんですね。

したっけ冒頭の写真にもあるんですけれども、京都ポリスの鑑ハットかぶった人が舞妓さんを激写するっつー風景が繰り広げられておりまして。

その愉快な風景に、末裔も誘われた次第だったんですけれども。

f:id:arupounya3:20161015113926j:plain

f:id:arupounya3:20161015113922j:plain

 この漢字ミュージアムさん。入ってすぐのところにセルフ式カフェが併設されているんですよ。で、隣にはスタバがあるんですけれども、京都の市内ですからね。まあ席がとれるかとれないかのいつも通りの混雑っぷりなわけですよ。

で、我々もちょっと休憩したいねってなったんですけれども、スタバがえれぇ混雑しているその隣で、漢字ミュージアムさんのカフェときたらほぼ無人だったんですね。で、

うん?

ってなりまして。

漢字ミュージアムは、俺今日開いたから!って結構なはしゃぎっぷりだし。それになにより、目立ってないけどたしかにカッフェの看板あるし。でもやっぱり見紛うことなく漢字のカフェはすげー暇そうだったんですよ。

まあ結局はちゃんと漢字のカフェもオープンしてはいたんですけれども、そこは開館直後でしたからね。知名度の低さゆえだったんでしょうね。

そのおかげで、激混みのスタバを横目でほくそ笑みながら、静かな空間で心穏やかに休憩をすることができてとても幸運でした。

 

ってなわけで皆さま。

スタバの混雑と漢字カフェの閑暇。隣同士のその温度差に、末裔おもわず、陰と陽、破壊と創造、死と生、そして時間はあるのに金がない。あらゆるこの世の在り方に思考を馳せた一瞬でした。

そんなわけで、京都へ行かれた際にお茶をしたいと思ったら、ちょっと漢字ミュージアムのカフェを覗いてみてください。カフェのみへの入店が可能ですし、もしかしたら今も穴場かもしれませんから。で、隣のスタバと見比べて、陰陽思想を体感してみてください。

是非。

 

↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

京都旅行(前編)~ジュディのちアフロ~

 f:id:arupounya3:20161015104858j:plain

 このセンス。

 

さて末裔、また京都へ遊びに行ってまいりました。

で、友人のリクエストで某しゃれおつ洋菓子店へ行った際、末裔リクエストで寄らせてもらったのが近所にあった岡崎神社さんなんですけれども。

こちらの岡崎神社さん、なんせうさぎ押し。

神前にいらっさる狛兎のこの愛らしさ見てくださいよ!

f:id:arupounya3:20161015102656j:plain

先日の海外旅行の飛行機内でズートピアを見て、ジュディの愛らしさにいてこまされて間もないということもあり、より一層かわいく見えてしゃーないんですよ。

なもんで、ジュディかわいいわージュディかわいいわー。

こんなところでなにしてんの~♡

ふんふん、へー、そーなんだー。

時は794年、平安遷都時に王城守護っつーことで平安京の四方に建立されたうちのひとつで、東(兎っつーかジュディの方向)にあるから東天王とかいうかっこいいネーミングで呼ばれていて。しかもここら一帯がジュディの生息地だったっつーこともあり、今のジュディ押しになったんだー。

そーなんだ~。

さすがはうさぎさん初の警察官だわー!

f:id:arupounya3:20161015103300j:plain

で。

もひとつご近所さんだった、金戒光明寺さんへも行ってまいりました。

f:id:arupounya3:20161015110541j:plain

見どころ満載なお寺なんですけれども、その中でも一番はやっぱアフロ大仏さんでしょうかね。ほぼほぼクスってなるやつです。

そんな金戒光明寺さんで出会ったのがこちらの御朱印帳なんですけれども。

f:id:arupounya3:20161015115712j:plain

いやぁー、即決。

アフロ大仏さまの威厳とポップが世紀の融合してるわーっつって。

即決購入させていただきました。

 

最後に御朱印だけ置いていきますね。

こちらがジュディで、

f:id:arupounya3:20161015115059j:plain

こちらがアフロです、はい。

f:id:arupounya3:20161015115249j:plain

 

さて皆さま。

たまにめちゃ話しやすくて親切で好意的なお坊さんがいらっしゃるお寺さんがあったりして、ただそれだけの理由で「ここ好き!」ってなることがあるんですけれども。
こちらはそういう気分にはなりません。だからと言って、別に何かを含ませているっつーわけでもありません。
ただこの御朱印帳を見てわかる通り、歴史的背景だけでなく、センスも見所のひとつじゃないかと思いますので、是非。

 

↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。 


人気ブログランキングへ

オーストリア&フランス旅行⑨~オーストリア&フランス旅行〆 65歳、はじめてのパリ ~

f:id:arupounya3:20160925203236j:plain

 パリ猫。

センター分けが喪黒 福造ばりじゃねーか。

 

伯母に催促され、伯父と伯母と3人でのヨーロッパ旅行へ行くと決めた時点では、末裔は正直不安でした。だっていくら幼少期から家族のように過ごしてきたとは言え、彼らの子供たちは多忙だっつって不参加表明だし、伯父、伯母、姪という3人で、果たして彼らは楽しんでくれだろうかと思うじゃないですか?自分だって、ちゃんと期待に応えきれないかもしれないし。

当日まではずっとそう思っていたんですけれども。しかしなんでも、案ずるよりも生むが易しですね。

いざ旅行がはじまってしまえば、いつも通り慌てたり、笑ったり、気が付けば普段の休日の延長のように過ごしておりまして。

ただ、ふたりを引率しなければならない責任感からか、末裔がふたりに対してひどく過保護になってしまっていた点については否めません。あれもこれもしてあげなくちゃ!そう思い、良かれと思ってなんでも先回りしていたのですが、伯母は末裔が思っていた以上に海外で、お金の計算をして払ってみたり、現地人とコミュニケーションをとってみたりと、些細で色々なことをひとりでやってみたかったのだと、何かの折に、

わたしはやってみたいのよ!

そう言われるまではまるで気が付きませんでした。

 

その時の末裔、気分はファインディング・ニモの木梨だったからね。

ひとりで電車に乗って新宿へ行けなかったあの伯母が・・・!

シェーンブルン宮殿で2€の水を買う時に、10㌣を誇らしげに、囲碁指した?って勢いでカウンターにバチコンしていたあの伯母が!!

心配するあまり過保護になってしまっていたけれど、ひとりでできるのね・・・。いや出来ていない現実は置いておきまして。

この人、成長・・・しているのね!

もうね、感無量。

そして日本へ無事帰国後、伯父が末裔に言いまして。

次はどこへ行こうか?

と。

末裔もね、還暦オーバーの体力を把握し切れずに負担をかけてしまったり、ふたりが経験したことのない窮屈な地下鉄移動に終始してしまったり、どうしてもと頼み込んで自分の買い物に付き合わせてしまったりと、至らない面がいくつもあったんですよ。ずいぶん我慢させた部分があったと思います。でも文句ひとつ言うこともなくて。それがまた、余計に申し訳なくて。

それなのに、また「次」を望んでもらえるような旅行にできたことが、末裔はうれしかったですね。

色々大目に見てくれたことも込みで、末裔ふたりに感謝しています。

 

さて皆さま。

今回の旅行なんですけれども、末裔、行き便でディズニーのズートピアを鑑賞したんですけれども。

なにあれ超かわいいですね。

ちなみに末裔、ディズニースキーでは断じてない。ランドもシーも別に行きたいとも思いません。がしかしですよ。

もうね、ジュディがあまりにも愛らしくて、おいディズニー、なにしてくれとんのか・と。なんつー愛らしい兎をこの世に生み落としてくれとんのか・と。行き便でとりあえず2・5回ズートピアを見たんですけれども。

もうね、ジュディの愛らしさが頭から離れないんですよ、旅行中もずっとね。なもんだから、ウィーンのシェーンブルン宮殿でも、ヴェルサイユ宮殿でも、オペラ座でも、買い物していても食事をしていても、いつでも頭の3割ではジュディのことを考えてまして。はやくまた動いてしゃべるジュディが観たくて観たくてしゃーなかったんですよ。

しったっけ帰り便でも2・5回観たんですけれども。

まあ何が言いたいかというと、伯父と伯母に感謝している時でさえも、末裔の頭の中の3割はジュディでした。

 

はい!これにて閉店いたしますー。

 

↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。 


人気ブログランキングへ

オーストリア&フランス旅行⑧~とりあえず肥えなくてよかった高いチョコ パリ編~

f:id:arupounya3:20160925205215j:plain

 日本で見たことがなかったので。

 

さて、 パリには有名なショコラティエのショップがそりゃもうたくさんです。有名無名があちこちにあります。

イメージとしては、日本でいう和菓子屋さんくらい身近な存在なんでしょうかねぇ?

で、末裔が宿泊したホテルのご近所にもチョコレートショップがあったので、ふらっと行ってみました。

それがこちらのsous les amandiers さんです。

f:id:arupounya3:20050101000005j:plain

 なんとも愛らしい黄色い外観に惹きつけられてしまいました。

f:id:arupounya3:20050101000101j:plain

 商品はチョコレート以外にも、マカロンやジェリーがあり、実に女性好みに陳列されていました。パリ中心部からはちょっと外れていて、治安もそんなによろしくない北駅近辺にも関わらずこの愛らしいセンス。

f:id:arupounya3:20050101000026j:plain

 行ってよかった!

なぜならば、お店がかわいいだけでなく、チョコレートがおいしくてしかも安かったんですよ!

こちらが末裔購入のチョコレート達なんですけれども、ご覧ください。

f:id:arupounya3:20160925205334j:plain

 フォトジェニック!!

お味は大人っぽい高級チョコレート達よりも多少ミルキーかな?といった印象で、ええ。

で、そのお値段ですよ。

高級チョコレート達は1粒で200~300円するのに対して、こちらの子達ときたらこちら。

f:id:arupounya3:20160925205401j:plain

 まさかのグラム売りっつーね。

ちなみにこれレシートなんですけど、9粒買って8ユーロしてねーんだ!っつって、そのお値段と雑さに末裔動揺しちゃいましたからね。まじかっつって。

 

で、お次は高級な方をね。

f:id:arupounya3:20160925205654j:plain

パトリック・ロジェさんですね。 

f:id:arupounya3:20160925205452j:plain

 約1万円の詰め合わせと、

f:id:arupounya3:20160925205540j:plain

 板チョコを購入してみました。

スーパーで買える明治チョコレートもキットカットもおいしいんです。ただ、高級なチョコレートっていうのはこういうことかと、勉強になるお味でした。

なんつーか、喉にひっかからないと言いますか、くどさがないと言いますか。

 

パリへはまた行くでしょうが、その際には是非両店とも再訪したと思います。どっちか選ぶことができない、それぞれの良さがありましたからね。

 

さて皆さま。

末裔、購入したチョコレートを誰とも分け合うことなく、ものの10日程でひとりで完食してしまうほどおいしかったです。それなのに、体重にこれといって変動がなかったことに驚きましたが、これは高級なチョコレートと因果関係があるんですかね?因果関係があってもなくてもどのみち買って損はないので、是非!

ほんと肥えなくてよかった。

 

↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。

人気ブログランキングへ

きた年2017年

 新年あけましておめでとうございます。

 

皆さまはどのような新年を迎えられましたでしょうか?

末裔はと申しますと、いつもの日常となんら変わることなく過ごしておりました。

しいて違うところをあげるとするならば、餅をめっさ食べていること。

ただそれだけでしょう。

なんせ年末のまあまあ早い段階から食べだしてましたからね。

ほんとね、そんだけです。

 

さて2017年になったことですし、これからの抱負っつーか、ゆく年2016年で述べた草なんですけれども、ほんとそれだなと。

某元国民的アイドルの歌のフレーズにありますけど、ひとつだけの花?なりたくない。だって末裔、草になりたいから。踏まれても虫に食われても、ただ飄々と心穏やかに過ごせるようにがんばってみたいと思いますので、2017年さんおよび皆さま、今年も何卒よろしくお願いします!!

 

 ↓ もしよかったらお年玉っつーことでひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ