野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

フランス旅行⑬~パリへ行く目的になるケーキ~

f:id:arupounya3:20200104210736j:plain 

矢印の雨。

 

今回の旅で、コレを食べるためにパリへ行く価値がある。

そんなケーキに出会いました。

それがこちら。

ミルフィーユと、

f:id:arupounya3:20200105021241j:plain

すみれのケーキです。

f:id:arupounya3:20200105020447j:plain

パティスリー、Carl Marletti(カール・マルレッティ)で購入したケーキなんですけれども。

どちらのケーキもそれはもう美味しかったのですが、特にミルフィーユにはびっくりさせられました。

今まで人生でいくつものホイップクリームやカスタードクリームを食べてきました。その経験から、クリームの味と美味しさは大体がこんな感じという幅と申しますか、自分なりの物差しが皆さんおありだと思うんですけれども。

ぶっちぎってきましたからね。

このミルフィーユのクリームは。

甘くておいしくてコクもあるのに、まるで美味しい牛乳を飲んでいるがごとく、喉のどこにもひっかかることなくごっくごく食べられてしまいまして。

朝の目覚め1分後に食べていい。枕元に置いておいてもいいくらい美味しいクリームです。

お店はカルチェラタンの賑やかな通りを抜けたところにこじんまりとあり、よく見ていないと見逃してしまいそうな店構えでした。

末裔が伺った時の店員さんはビシッと制服を着た男性店員の方のみでしたが、皆さん始終紳士的で丁寧で。さあお会計というタイミングで奥から出てきてとっても優しい笑顔で、

ボンジュール・マダーム!!

と挨拶をしてくれたのは、

カールじゃないの!

カール・マルレッティのカールじゃないの!!

って末裔びっくりしまして。

カールの態度が本当に自然だったもんですから、末裔の顔も自然と緩んでにやけてしまいましたけれどもしょうがないの。

だって気分がいい。

Carl Marletti(カール・マルレッティ)はケーキだけでなく、その接客もクリーム同様最初から最後まで滑らかで素晴らしかったことをお知らせいたします。

 

さて皆さま。

Carl Marletti(カール・マルレッティ)のような接客もあれば、めっさなめてた接客をしてくる店もあるわけで。

それはカルチェラタンへ向かう途中にあるお惣菜店なんですけれども。

店頭に並ぶ様々なフレンチ総菜の中から、ホテルでの夕飯にしようと、プチなオープンサンドを購入した時ですよ。店員のおばちゃんに指さしでオーダーするんですけれども、このおばちゃんがめっさなめているんですよ。

その指を!

ペロって指をひと舐めしながら、どれにするんだい?っつって待ち構えておりまして。

その指で商品を取ってくれるっていう何それできることなら遠慮したいけど、今更やっぱりいりませんは言えないことってあるじゃないですか。

なもんで、まあしょうがない。

久しぶりに他人とDNA交換しとくかっつって。なんか免疫あがりそうだしって自分を納得させました。

 Carl Marletti(カール・マルレッティ)のようなスマートな接客もいいですが、(指を)なめた接客もあるだろうし、悪いもんでもない。

と・自己暗示次第で気分は意外とどうにかできるから。

是非。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

フランス旅行⑫~チョコレート巡り ベルナシオーン!!~

 今回のショコラティエの個人的目玉のひとつ、ベルナシオン(BERNACHON)さんへ行ってまいりました。

なんでも、以前はリヨンでしか購入できなかったという有名ショコラティエとのこと。

ただ日本では高島屋さんやサロン・デュ・ショコラといったイベントで購入可能ではあるようですが、今回末裔がパリで購入したのと比べると、金額が爆発していて思わず、

ベルナシオーン!!

っつって嗚咽がもれるほどに驚嘆しましたけどね!

 

さて、そんなベルナシオン(BERNACHON)さんですが、近頃パリにも店舗ができて購入できるようになったという情報を旅行前に知り、絶対に行こうと決めていたお店だったんですけれども。

行ってよかったです。

とても楽しいお買い物ができました。

パリの中心地からは少しはずれた静かな街の通りになじんだ佇まいの外観はガラス張りで、内装は無駄がなく、揃いの制服を着用した女性店員さん3人がいらっしゃるのがよく見えたのですが、嫌みがなく、まるで行きなれたお店のような自然さでお邪魔します!

と入店させていただきましたところ。

早速のウェルカムチョコレートですよ。

スタッフさんのひとりが早速、カウンターに置いてあった味見用のチョコレートを示し、

食べていいよ!

と、笑顔を添えてすすめてくれたんですね。

なもんで、おいしー!と、入店10秒ご機嫌状態で商品を眺めまわしておりましたところ。

いらっしゃった日本人女性スタッフの方がそれは丁寧に、それでいて気さくに、ちょっとした裏話をまぜつつ商品の説明をしてくださるのも楽しかったんですけれども。

それは、あれこれと商品を選ぶ中で、おすすめのタブレットを質問したときのことでした。

突如スタッフさん3人による末裔購入タブレット緊急会議が開催されまして。

もちろんフランス語なので末裔にはさっぱりもさっぱりなんですけれども。

どうやら質問の前に末裔が散々選んで購入していたボンボンのチョイスの傾向を鑑みたうえで、どのタブレットがいいか。

それを話し合ってくださっていたとのことなんですね。

とりあえずお店やスタッフさんが個人的に思うおすすめではなく!

これらのボンボンはもうたくさん買っているんだったら、こういったタブレットがいいんじゃない?

ってな風に、末裔の購入傾向をふまえて考えてくださるそのホスピタリティーに末裔、大喜びでタブレットを購入させていただきました。

 

そんなベルナシオン(BERNACHON)さんで末裔が購入した品々がこちら。

タブレットとボンボン。

f:id:arupounya3:20200118151205j:plain

そしてパレドール3個入りをお土産用に。

f:id:arupounya3:20200111115708j:plain

 中はこのようになっております。普通に直入れ。

f:id:arupounya3:20200111115814j:plain

いやあ、美味しいですねー。

なにかで誤魔化していないカカオの味ってこれなんだな・・・。と、口に入れてから飲み込むそのどこの段階でも、一切舌にひっかっかるもののないその味には驚きました。

 

てなわけで皆さま。

とっても楽しい買い物ができたので、またパリのベルナシオン(BERNACHON)さんにも行きたいとは思うのですが。パリでも買えるようになった今になって、リヨンのお店にも行きたくなっちゃいましたんで。

次回フランスへ行くその時には・・・、リヨンまで行ってしまいそうな気分です!

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

フランス旅行⑪~続・チョコレート巡り~

f:id:arupounya3:20200102201334j:plain

 再訪。

 

さて今回は、以前にもご紹介したこともあります、末裔大好きオ・シャ・ブルーさんです。

まず、とにかくかわいくってですね。

こちらは小さなボンボンで。

f:id:arupounya3:20200102201108j:plain

こっちはちょっと小さなケーキくらいのサイズのチョコレート達。

f:id:arupounya3:20200102201224j:plain

 この気の抜けた顔した青猫さんに❤をバッキューンされたのは、彼是何年前のことだったでしょうか。

f:id:arupounya3:20200102201250j:plain 

 そして今回購入した品々がこちらになりまして。

オレンジ色のチョコレートは、砕いたアーモンドが混ぜこぜされたオレンジ風味のチョコレートで。

青いチョコレートは、中にお酒の入ったトリュフです。

f:id:arupounya3:20200103014414j:plain

 その他はこちらのマロングラッセ

f:id:arupounya3:20200103014532j:plain

 そしてこいつらとなっております。

f:id:arupounya3:20200103014937j:plain

 こいつらもそうなんですが、オ・シャ・ブルーさんの好きなところは、かわいいデザインと素朴な歯ごたえです。プラリネは荒く、キャラメリゼは厚く。歯ごたえごりごりばりばりで、その食べ応えに個性が出ていて楽しくもあるんです。

ちなみに、今回購入した品々の中で一番気に入ったのは青いトリュフですね。

次回は3袋は購入するだろうほどに美味しかったです。

 

さてお次!

カルチェラタンにありますこちら。

f:id:arupounya3:20200105005312j:plain

 「MOCOCHA」さん。

こちらは別目的の途中で通りかかったお店なんですけれども。

f:id:arupounya3:20200105005109j:plain

 こちらのお箱で10€。

f:id:arupounya3:20200111175618j:plain

f:id:arupounya3:20200111175651j:plain

 なんでも、3人の若手ショコラティエのお店であり、この一箱で3人のショコラが楽しめるとのこと。ちゃんとチョコレートのお味リストも同封されている親切っぷり。

店員さんもとっても優しく親切でした。

お味、パッケージ、お値段、接客。すべて好感度が高く、仲良しなあの人へのお土産におすすめです。

 

 てなわけで皆さま。

街を歩いていると、きっと地元の人々なんでしょう。日本語で検索してもヒットしないお店に大行列ができていたりして、気分でそういったお店に並んで購入してみたりして。

その雰囲気も楽しいし、美味しければ嬉しいですし。

カルチェラタンは、そういったお楽しみがある街ですので、是非!

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

フランス旅行⑩~チョコレート巡り マレ地区後編~

f:id:arupounya3:20200103214749j:plain

作ったのはあの人です!

 

さてマレ地区チョコレート紹介の続きです。

今回はまず、「LES TROIS CHOKOLATES」さんから。

こちらのショコラティエさん、お名前は知っていたのですが、出会いは偶然でした。

とりあえず徘徊!

という気分で古着屋さんなどを探して歩いていた時にお店の前を通りかかれましたので、 やったねラッキー!っつってお邪魔して、こちらを購入してまいりました。

f:id:arupounya3:20200106023431j:plain

この簡易パッケージ、素敵です。

LES TROIS CHOKOLATESさんの商品のフレーバーは日本を意識したものが多々ありまして、きなこや醤油、味噌、ほうじ茶&オレンジ、わさびなどなどがあり、とても面白かったです。

こちらへ伺う前にメトロに乗車した時に、「あ、あの人日本人だなー」と眺めていた男性がお店のバックヤードから「じゃまた~」っつって出てきた時も面白かったですが、チョコのお味はそれ以上に面白くって美味しかったです。

 

そしてお次。

ベルギーのショコラティエ「エリザベス」さん。

f:id:arupounya3:20200104144437j:plain

 ばら売りを色々詰め合わせてもらいまして。

f:id:arupounya3:20200104144629j:plain

 ボンボンのひとつひとつがきれいなんですよ。

f:id:arupounya3:20200104145440j:plain

正直細かい味は忘れてしまいましたが、コニャックのボンボンを

おいしいなぁ。

と思ったことをよく覚えております。

 

てなわけで皆さま。

冒頭のファラフェルですが、生地はもちもちふわふわ、トッピングもソースもおいしいしボリューミーだしで、マレ界隈散策の合間におすすめです。

末裔が購入した時は冷たい小雨が降っていたので、お店の端っこの軒を借りてのんびりといただいていたのですが。

どこぞの子連れヨーロッパ人が同行者であるフィリップとはぐれたらしく、ファラフェル店のある通りっつーか末裔の目の前をそれはもう必死な様子で繰り返し、

ッフィリーップッ!ッフィリーップッ!!

 と叫びながらずーっと往復していたんですけれども、フィリップ全然音沙汰なしで、ちょっとかわいそうでした。

そう、海外旅行に誰かと行ったらなんでも人任せにせず、お互いにはぐれない努力をしないとですよね。

じゃないと、フィリップフィリップうるっせーから。

お願い。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

フランス旅行⑨~チョコレート巡り マレ地区前編~

f:id:arupounya3:20200124220836j:plain

おいしい白くまでした。なお黒くまもいた模様。

 

チョコレートって美味しいですよね。

大抵の人は好きなお菓子ですよね。

末裔もそうなんですよ。明治さんのミルクチョコレートとかも大好きです。

お値段があれだけお手頃なのにこんなに美味しいなんて!と、いつも、ありがてーありがてーと思いながらいただいているんですね。

ただ、たまにはお高いチョコレートも食べてみたくなるんですね。でも、日本で買おうとすると、

えっ、なんだって?

ってなお値段設定なもんですから、まあ買わないんですよ。

でもここパリでならば!と。

ただでさえ金銭感覚がバブっているうえに、ショコラティエのチョコレートのお値段は日本で購入する場合の1/2~1/3ですからね。

そう、買う気になる。

 

というわけで今回も、引き続き末裔が購入したチョコレートをいくつか紹介させていただきたいと思います。

まずはマレ地区の、宿泊したホテルのご近所さんショコラティエ

「L’Atelier du Chocolat(アトリエショコラ)」さんです。

f:id:arupounya3:20200104131457j:plain

 写真では分かりにくいですが、これひとつでまあまあな大きさです。

f:id:arupounya3:20200105143331j:plain

中身はこんなんなっておりまして。

f:id:arupounya3:20200104131541j:plain

こちらのお店、日本語をしゃべれる陽気で人懐っこいパリジャンがいらっしゃいまして。お兄さんによると、細長い方のチョコレートは珍しい柑橘を使用しているとのこと。

いただいてみましたところ、香る程度ではなく明確な酸味があり、とても美味しかったです。

 

そしてお次。

「Josephine Vannier(ジョゼフィーヌ ヴァニエ)」さん。

f:id:arupounya3:20200103193819j:plain

ショーケースの上にあります箱によってお値段が変わって参ります。

f:id:arupounya3:20200116183944j:plain

花が素敵で買ってしまいました。

f:id:arupounya3:20200202193320j:plain

こちらはお品書き。

f:id:arupounya3:20200117070241j:plain

購入したチョコレートがこちらです。

f:id:arupounya3:20200103193951j:plain

こちらには胡椒フレーバーの板チョコがあると聞いて行きたいと思ったはずが、到着した時にはそんなことはすっかり忘れて、上記写真の商品を購入してまいりました。

箱に入ったボンボンの詰め合わせは、すべて自分で選べるシステムとなっております。

なので最初は親切なお姉さんの説明を参考に選んでいたのですが途中で面倒くさくなりましたもんで、お姉さんにおまかせしてしまいました。

本来の目的の商品とは違うものの、ボンボンにも胡椒フレーバーがあり、そちらを購入できたので悔いはありません。

甘いチョコレートの中にあるスパイシーな胡椒の風味、クセになります。

そして砂糖漬けのお花のあしらわれたチョコレートの中身はマジパンでした。

 

ちなみに冒頭のくまチョコですが。

お店のお兄さんが、そこはかとなく遠慮気味に、

中は空っぽなんだけど・・・。

って。

うん、持てばわかるよ。

何申し訳なさそうに言ってんのよ。

販売している以上は胸を張って売ってちょうだいよ!

 ってな一幕はありましたものの、バニラ風味でとてもおいしい白くまさんでしたので、仲良しさんへのお土産に。

是非!

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ