読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

イタリア旅行 フィレンツェ編③~イタリア男に気をつけろ!再び~

海外旅行 イタリア2013

f:id:arupounya3:20130925030804j:plain

これはフィレンツェのドゥオーモで有名な、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂横にある、ジョットの鐘楼からの風景です。

汗をかきかき登って眺めるこの風景!そして風がここち良いこと。

愛する日本を離れて、はるばるここまで来て良かった!そう思えるのは、こんな瞬間なんですよね。

丸屋根が可愛いクーポラにも登れるけれども、ジョットの鐘楼からならご覧の通り、クーポラ込みのフィレンツェの街並みが見渡せるっていうね。

おすすめするー。

そしてこの後クーポラの中の大聖堂を見学いたしまして。で、そんな我々に、ひとりの警備員が声をかけてきました。

我々としては、なにかしらのマナー違反でもしてしまったのかと構えてしまったのですが(ぽんちゃんやたら鞄がでかいし)、どうやらそうではありませんでした。

警備員曰く、

「イタリア男には気をつけろ」

とのこと。

で、我々思った。

「あれこれ聞いたな?」

って。

そうそうちょうど昨日です。

まあだからといってシカトぶっこくわけにもいかないじゃないですか。なもんで、顔だけは神妙なふりして話しを聞いてみたわけ。

なんでも、最初は優しいふりして日本人女性観光客に近づき、一目がなくなったとたんに鞄をひったくるっつーけしからんイタリア男がおり、多くの日本人女性が泣かされている。俺は13年も警備員をやって見てきた。気をつけろ。そして日本へ帰ったら、多くの女性に伝えて欲しい。

的なことを懇切丁寧におっしゃっておりました。

で我々、ふーんふーんつって。

まあ警告され過ぎて最終的に目の前のイタリア人警備員が最も怪しく見えてくる始末だったんですけれども。

まあこの時点ではまだまったく怪しいイタリア男に遭遇なんてしていないんですけどね!

そりゃあね、我々なんかよりも明らかに華奢でひらっひらしたおべべ着て、いざってときにその靴で走れんのか?っつー足元に、あたしから見たって隙あり!なポーチ肩にかけて歩いている日本人は盛り沢山ですもんね。イタリア男だって選ぶよねっつー話しですよ。だってそうでしょ?

大丈夫わかってる。

それでも油断は禁物。ってことまでも踏まえてわかってっからね。

皆さま。もしフィレンツェのクーポラへ行かれた際には、親切にイタリア男について警告してくれるイタリア人男性警備員さんのお話を最後まで聞いてみてはいかがでしょーか。最終的に、そいつが一番怪しく見えてくっから。

おためしー。

 

人気ブログランキングへ