読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

タイ旅行④~観光地の急な予定変更ってよくあるよね~

f:id:arupounya3:20131104163136j:plain

Ray・Dan(ライ ダン)だと思うだろう?

 

f:id:arupounya3:20131104163219j:plain

Riy-Don(リイ ドン)でもあるんだぜ?

どちらの写真もひとつのグラサンですが、決してRay-Ban(レイ バン)ではありませんのであしからず。

ちなみにアジアティーク・ザ・リバーフロントではない、どこかのナイトマーケットで200円で購入可能ですので、万が一興味のある方は是非。

 

今回は、チャオプラヤ川クルーズのお話です。

この日、我々末裔一行はワットポーへ行きたかった。

ワットポーへはフアランポーン駅から、さらに車で15分かかります。

なもんで、まあバスかなんかがあるだろうというざっくりした予想のもと、我々末裔一行はフアランポーン駅まで来たはいいものの、そこからさっぱりわからずに立ち往生していたんですよ。

するとそこへ、ひとりの白いYシャツさらっと着た親切なタイおじさんが声をかけてくれました。

タイおじさんが、「日本人か?」っていうもんで、

「イエスイエース!」つって。

タイおじさんが、「俺は昔日本で建築関係の仕事をしていたんだぜ」的なことをおっしゃったっぽいので、

「オケオケー!」つって。

話が長くなりそうだったもんで、会話の合間に「ワットポー」を挟むことにより、

「我々はワットポーへ行きたいです」

という意思を示してみたその結果。

タイおじさんが言うところによると、

「今日は行事でオープン遅いよ」

っとおっしゃった。

そんなん知らねー。知るわけねーわー。

つって。

我々、まじかーつって、どうするかーってなったんですけれども。

タイおじさん、

チャオプラヤ川から船でワットポーへ行けば、時間的にもばっちりや!」って。

さすがはタイおじさん。プレゼン完璧。フォローもばっちし。だってその後トゥクトゥを呼びとめ、嘘偽りなく格安料金交渉し、我々が船乗り場までスムーズに行けるように手配までしてくれました。

そして俺の仕事は終わったとばかりに、颯爽と去っていくタイおじさん。

ありがとうタイおじさん。

アンタのこと、我々忘れねーから。

 

ってなわけで、「今回は、チャオプラヤ川クルーズのお話です。」って言ったけど、実際はタイおじさんのお話だったわ。

↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。

人気ブログランキングへ