野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

香港旅行⑩~あなたに会えて良かった?かもしれない3人目~

f:id:arupounya3:20180915101933j:plain

もらいました。

 

それはアフタヌーンティー後のことでした。

ふいー!食った食ったー。

つってリッツホテルから出て、地下鉄へと向かう下りのエスカレーターに乗っていたところ、もうひと列あった隣の下りエスカレーターに、胸にGoogleってプリントの入ったTシャツを着て真っ赤な薔薇の花束を抱えたちっさいおっさんがいたんですね。

なもんで、

胸にGoogleってプリントの入ったTシャツを着て真っ赤な薔薇の花束を抱えたちっさいおっさんがいるなぁ~。

なんて考えながら、ぼーっとそのおっさんを眺めておりましたところ。

目が合っちゃいまして。

で、個人的な印象として、大陸の方って、島国のニッポン育ちと比べると比較的フランクで人懐っこくて社交的なイメージがあるんですけれども。

そのおっさんも例外ではありませんで。

ハロー!

なんつって、気さくにお声掛けいただきまして。

 

どこから来たの?

 東京。香港住んでんの?

深圳。近いからすぐなんだよ。知ってる?

 は、はい(近年成長著しいイケイケの都市ですよね!知ってます!)。

何してたの?僕はこれからスポーツジム。

 ふんふん(いってらっしゃい!)。

薔薇あげるよ。

 でも自分旅行者だし、花がかわいそう。だからいらない(なんだこの展開)。

なんで?

 自分、明日帰る。花がかわいそう(明日には捨てられてしまうのが心苦しいです)。

いいじゃん!

 あ、ありがとう。

バイバイ~!

 バイバイ~。よい一日を~!

 

つって。

差し出された一輪の真っ赤な薔薇を受け取ったその瞬間に、フラッシュモブでも始まってしまうんじゃない?って。そしたら末裔も踊りだした方がいいかしら?なんて。

そんな気分にさせられた出来事でしたが、こんなこともあるんですね。

レアケース!!

 

てか皆さま。

これ最終的にはジャッキー・チェン似(スポクラ仲間っぽい)のメンズも現れたりもしましたからね。しかもおっさんに年齢を聞いたら末裔よりも年下でびっくりしましたからね。

そしてホテルまでの帰り道の恥ずかしいこと恥ずかしいこと。なんであの女は真っ赤な薔薇一輪片手に電車乗ってんの?って視線に晒されまくりましたからね。

なんかの仕打ちだだったんすかね、あれ。

でも薔薇は美しく、一晩お付き合いいただけて、とてもよい気分でした。感謝です。

信じられませんが、決して自演ではありません。

信じて。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

香港旅行⑨~時にはTPOの裏を読め!~

f:id:arupounya3:20180914173601j:plain

旅のお楽しみです。

 

今回香港へやってくるにあたり、日々真面目に労働に勤しむ自分へのご褒美として、思い切って予約したものがあります。

まあご褒美と言いましてもお支払いは自分なんですけれども。

それは、ザ・リッツ・カールトン香港の102階にありますTHE LOUNGE & BARのアフタヌーンティーです。

 

帰国前日。(位置的に)お高い場所から香港の景色を眺めながら、(値段的に)お高いアフタヌーンティーを味わいつつ、香港旅行の思い出をひとりまったり振り返りたい。

そんな気持ちでうっきうきしながら、案内されたのはヴィクトリアハーバーが目の前に広がった窓際のひとり席でした。

f:id:arupounya3:20180914172926j:plain

時間は16時30分から。黄昏時の香港を眺めながら、のんびりとアフタヌーンティーをいただきます。

ちなみにメニューはこんな感じになっておりました。

1段目のセイボリー。

f:id:arupounya3:20190331193351p:plain

2段目のケーキ。

f:id:arupounya3:20180914173756j:plain

 3段目のスコーン&ケーキ。

f:id:arupounya3:20180914173803j:plain

 お味については、末裔、特別敏感な質ではないもんで。よっぽどでない限りなんでもおいしいんです。

なもんでもちろん今回のアフタヌーンティーもおいしかったです。

おいしかったですけれども。日本で作られ食べられる食材の質の高さというんですかね。そういうものの良さっつーんですかね。そんなことを感じなくもありませんでしたが、今回はケーキに+で、特に立地・景色・サービスを楽しむ意味合いが多めに含まれていますからね。

リッチなロケーションに料金を払っているわけですよ。

なもんで末裔、事前にネットでどんな格好で行ったものかと検索したんですね。したらばですよ。お高いホテルなんだからそれなりの格好で~みたいなことの書かれた感想ブログがあったもんですから?

そっか、っつって。

カジュアル過ぎず、でもなるべくいつもの自分らしい範囲でと思いまして、普段使いのシンプルなワンピースで伺ったんですけれども。

おわかりになるだろうか。

f:id:arupounya3:20180914181010j:plain

両脇にTシャツ短パンサンダル姿の男っつーこのポジショニングが。

片やリュック背負ってやってきたアジアンな若者で、片や太ったヨーロピアンおっさんですからね。

まじかっつって。全然予想外なんですけどっつって。

まーカジュアルなもんですよ。

そのさまたるや、ここは池袋のスーパー銭湯かな?と思って違和感ないレベルですからね。

風呂上りの光景。

結論。高級ホテルのアフタヌーンティーだからとか関係ないの。

リッツだから~。とかどうでもいいの。

金が払えるならそれでいいの。

それがよくわかりました。

 

てなわけで皆さま。

どこかの誰かのブログを鵜呑みにして、お高いホテルなんだから!っつって下手に気合い入れて意識し過ぎた格好で行かなくて本当によかったです。だって両脇(以下略)ですからね。TPOがーっつって綺麗めな格好にドレスアップしてブランドバッグぶら下げて行って、両脇(以下略)なんてことになった日には、画ずら物凄いダッサいですからね。

かといって、末裔のパターンも決して鵜呑みにしないでいただきたい。何故ならば両脇(以下略)パターンが特殊という可能性もありますから。

自分らしい格好で。是非!!

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

香港旅行⑧~あなたに会えて良かった 二人目~

f:id:arupounya3:20180914113338j:plain

深水埗猫。

 

深水埗での買い物の後は昼食です。

ミシュランで有名な点心のお店、添好運點心專門店 深水埗店へと行ってまいりました。

f:id:arupounya3:20180914140007j:plain

なんせ超有名店なもんで行列必死覚悟で行ってみたものの、まさかのウェイティングなしだったんですね。

で、丁度同時のタイミングでソロのおばちゃんが来店し、すでに二人組着席済の4人掛けの席に一緒に案内されて着席した末裔だったんですけれども。

まーこのおばちゃんがめっさアドバイスくれるんですね。

こちらのお店は注文がチェックシート方式だったんですけれども、末裔がチェックした品を見て、

それは同じような味だから違うの注文した方がいいよ、とか。

これおいしいよ、とか。

したらいつの間にか、先に着席していた若い女の子二人組まで、

ここはこれが有名だから食べなよ!とか教えてくれるわけですよ。

それに対して末裔が、

食べたい。けどワタシひとり。それ多い。無理・・・。

みたいなこと返事をしたところ。

じゃあ払ってあげるから食べてごらんよとおばちゃんがおっしゃりまして。

まじかよっつって。

結果知らないおばちゃん達と急遽点心をシェアすることになりまして。

そうして食べた点心がこちらです。

鮮蝦焼賣皇(エビシューマイ)。

f:id:arupounya3:20180914134659j:plain

器に一個放り込まれているのが、おばちゃんが頼んでくれた家郷咸水角って点心なんですけれども、これ皮がもっちもちでほのかに甘くてめっさおいしかったです。

f:id:arupounya3:20180914134210j:plain

ちなみに女の子がすすめてくれた点心がこちらの酥皮焗叉焼包(メロンチャーシューパン)なんですけれども。

f:id:arupounya3:20180914133225j:plain

1オーダーで3つきちゃうんですね。なのでシェアの申し出は、ソロ旅の末裔には本当にありがたかったです。

食事の途中でおばちゃんに、「近所の人なん?」と聞いたところ。

近所ではないが香港に住んでいて、添好運點心專門店 深水埗店にはちょくちょく

来る常連さんとのことで。おばちゃんが言うには並ばないで入れるなんてことはそうそうないラッキーなことだとのことでした。

 

点心を食べに行くにあたって末裔、洗杯というマナーがよくわからず不安要素となっていたんですけれども、おばちゃんという点心先輩と一緒に着席できたことによって目の前で自然の流れでお手本を見ることが出来て、もう洗杯も怖くありません。これも末裔的にはとてもラッキーなことでした。

 

 てなわけで皆さま。

食事中、どこ行ったのー?とか。いつ来たのー?とか。それは色々お話していた中ですよ。

いつ帰るのー?とか聞かれて答えましたところ。

テーブルにふわっと戸惑ったような空気が漂いまして。そして彼女たちは言いました。

台風、来てね?

って。

末裔、うん・・・。

っつって。

ちゃんと帰れるといいね・・・。みたいなことを言われたんだと思います。

ほんとね、点心の世話から帰路の心配までしてもらっちゃいまして、その節は本当にどうもありがとうございました。

あの時は言えなかったけど、おばちゃん。

あなたに会えてよかったです!

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

 

香港旅行⑦~一生分あればいいってもんじゃない~

f:id:arupounya3:20180914121259j:plain

深水埗(シャムスイポー)の街角。

 

さて3日目となりまして。

まずは朝食をいただきに金華冰廳さんへ。

時間は9時過ぎくらいでしょうか。店内はお客さんで混みあってはいましたが、行列ができるほどではなく。

回転率がよく、お客さんはみなさん、さっさと食べてさっさと出ていくスタイルのようで。

いかにも観光客の女がひとりでふらっと店先に現れれば、店内を確認した店員さんが素早く空席を見つけて座るよう指示してくれます。そして頃合を見計らい、オーダーを取りにきてくれるので、特にまごつくことはなくとてもスムーズです。

そして注文したものはこちら。

f:id:arupounya3:20180914103620j:plain

菠蘿油とアイスミルクティー

再びのパイナップルパンです。

ただし菠蘿飽だとバターなしのいわゆるプレーンのパイナップルパンですが、それはもう初日に食べてますからね。2度目のパイナップルパンはバターの挟まっているバージョンにしてみたんですけれども。

これ、バターがちっちぇー。

ほんとイメージとしましては、いたずらっ子が誤魔化すときにペロって舌を出した程度のバターしか挟まっておりませんで。パイナップルパンめくったら、

あっ・・・。

ってなるやつですからね。まあそんなもんだろうなってのは予想できるでしょうが、一応お知らせだけはさせていただきました。

はい。

 

そしてこの日にやってまいりました深水埗は、手芸系の問屋街ということで、素敵な生地を購入できたらいいなぁなんて思惑のもと訪れたんですけれども。

末裔が入った生地問屋さんはどこも基本は企業さん相手とのことで、売っても太さが電柱くらいある1ロール~とか、少なくても5メートル以上からとか言われちゃったりして。

趣味程度にしか手芸していない人間に生地1ロールとか。そんなん下手したら一生分ですからね。

いらねーっつって。

今思えば、すごく気に入った生地なら5メートル買ってもよかったのかなと思うのですが、あの時はどうしてもその気にならなかったんですね。

なもんで結局目的だった生地購入を断念する始末ですよ。

でもしょうがない。いくらなんでも何年分もいらない。

でも深水埗には生地問屋だけでなく、天然石やビーズといった手芸用品を売っているお店も豊富で、こちらで良さげな天然石を購入させてもらい、無駄足にならずに済んで良かったってもんです。

 

てなわけで深水埗通のどこかの誰かさま。

深水埗でせめて1メートルから生地購入可能なお店をご存知の方がもしいらっしゃるなら、お願いします教えてください。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

香港旅行⑥~あなたに会えて良かった 一人目~

さて。朝食メニューで早めの昼食を済ませて向かうのは、今回の目的のひとつでもあります、靴のオーダーメイドです。

はじめにネットで検索してヒットしましたShoe Girlさんへ伺おうとしたのですが、無念なことに末裔、お店を発見できませんでした。あると思われる周辺を何周か徘徊し、人にも聞いてみたけれど、末裔の拙い英語が伝わらなかったのか、それとも単純に知らなかったからなのか、ただ無言で首を振られるだけだったんですね。

そこでいつまでもShoe Girlさんに拘らず、調べておいたもう一軒のオーダーメイドできるというVickie Shoesさんへと伺ってまいりました。

すると!なんと!!

日本語を話せるおじさま店員さんがいらっしゃいまして。

ありがてーっつって。

こりゃいいわーっつって。

あなたに会えて良かったーっつって。

お店に並んでいる靴のデザインを参考にしつつ、色や革はもちろん、ヒールの高さ、太さ、そしてソールの色もベージュと黒のどちらかを選ぶことができました。

さらにラフにではありましたけれども、簡単に紙と鉛筆で足型をとってもらい、甲の高さも測ってくれまして。

その対応は末裔が想像していた以上のものでした。

結果、3足の靴をオーダーさせていただきました。

ヘビ革は多少高くなるものの、1足だいたい8000円ほどだったでしょうか。自分好みのデザインでしかも本革の靴がこのお値段は、とてもお安いのではないでしょうか。

ただし完成はだいたい2週間後。そのため+国際便送料がかかりますのであしからず。

ちなみに末裔がオーダーしたうちの1足がこちら。

f:id:arupounya3:20190321112819j:plain

その他も割とシンプルなフラットシューズ等なんですけど、気に入ってます。

 

さて皆さま。

これがセミオーダーならば、末裔が想像していたフルオーダー、それはセミオーダーでした。

すなわちセミオーダーで大満足でしたっつー話しなんですけれども、フルオーダーってどんだけフルオーダーなんですかね。でもほんとセミオーダーで十分ですので皆さまも是非。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ