野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

スペイン旅行⑥~実はパリへも行っていました前編~

f:id:arupounya3:20170918190408j:plain

 パリの空。

 

そうなんです。

実は今回、スペインはバルセロナだけではなく、フランスはパリへも行ってまいりました。とはいえあくまでもついでの、1日半といったタイトなスケジュールでの寄り道です。

 

ここで末裔、不思議な体験をいたしました。とはいっても正確には、同行した友人が、なんですけれども。

それってーのが宿泊したホテルでのこと。

今回もやっすい、ZONE2のホテルに宿泊いたしまして、その夜ですよ。

世界各国からやって来る宿泊客。飛行機の到着時刻の都合か、はたまたナイトライフを堪能したからか、結構な深夜にホテルに到着する宿泊客が結構いらっしゃいまして。壁がでらうっすいせいでトランクをガッコガッコ引きずる音どころか部屋での話し声まで丸聞こえなのは、まあいいですよ。なんせやっすいホテルですし。何言ってんのかもわかんないし。そもそも期待をしていないから。

でもさ。

別の部屋のキーで、うちの部屋が開くのはいくらなんでもやめてもらえませんかね?

 

なんでも、深夜に到着した宿泊客女性数人組が末裔のいるフロアまでやって来まして、しばらくがやがやしてたらしいんですよ。末裔も、夢うつつながら騒がしいなぁと思ったことはなんとなく記憶にありまして。

で、友人いわく、たしかに鍵は閉まっていたはずだと。

それなにの。

鍵が開けられて、外国人が入ってきて、ベッドで寝ていた友人と目が合って。

Oh,Sorry・・・。

だってさ!

 

いや真実はわかりませんよ。わかりませんけれども、こんなことってあるんだなぁ。本当に、自分の常識を超える適当さ加減が存在するんだなあと、しみじみしつつ、海外のホテルによっては、実は全部屋鍵が同じ可能性もあるということを自分の記憶の引き出しにそっとしまい込みましたよ。

つかルームナンバーよく見ようや。

 

ってなわけで皆さま。

旅行へ行かれた際には、ルームナンバーはよく確認してから鍵を開けてください。なぜならば、違う部屋の鍵なのに開いてしまうかもしれないから。

要注意。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

スペイン旅行⑤~自分が知っていることは他人も知っていると思っておこう~

 f:id:arupounya3:20170921173923j:plain

鳥と猫と人間と。

 

今回のバルセロナ旅行ですが、観光名所といわれるところへはあまり行っておりません。そんな末裔が行った数少ない観光地のひとつがグエル公園です。

ちなみにこのグエル公園、検索すればいくらでもヒットすると思うんですけれども、朝8時までに入園すれば無料ということだったんですね。なもんで、

当然!

つって、早朝のグエル公園へと行ってみました。

ただし早朝の地下鉄は通勤ラッシュで込み合うためスリに注意が必要だし、駅から公園までの道のりも人気が少なくおすすめできないという文言をネット上で見かけたため、念のためホテルからタクシーを利用いたしました。

 

早朝のグエル公園

f:id:arupounya3:20170922142942j:plain

ゴッシュゴッシュ掃除されるシンボル的存在のトカゲちゃん。

f:id:arupounya3:20170922143311j:plain

グエル公園からの早朝のバルセロナの眺め。

f:id:arupounya3:20170922144428j:plain

いやあ、よかったです。

公園の冷たくてかったいモザイクタイルのベンチに座りながら、我々と同じように無料目的でやってきた若い日本人男性客二人組が、

「まさか俺たち以外にも早朝の無料のことを知っている奴がいたとは・・・」

と話しながら落胆した様子で過ぎるのを眺めて、

昨今のネット社会、ちょっと検索すれば誰でも知られる情報じゃねーか。お前が知ってるっつーことは他の誰かも知ってる時代だろうが。そんな簡単なことも理解できないんか。どんだけ視野が狭いんだ。早朝の公園をひとり占めできるとでも期待してたんか?帰国したら意気揚々とSNSで自慢でもする気だったんか?あ?

馬鹿めが!

なんてことを考えながら眺めるグエル公園からのバルセロナの風景は、とても気持ちがいいものです。

で、このグエル公園、有料スペースと無料スペースがあるんですけれども、この無料スペースも侮りがたいよいお散歩コースになっておりまして、有料スペースよりも眺望がよく、サグラダファミリアを眺めることができますからね。

f:id:arupounya3:20170921171204j:plain

で、行ってわかったことは有料スペースの狭さね。

いやいいんですよ。トカゲちゃんやバルコニー的なとことか確かに素敵ですからね。でも末裔思いました。

この狭めのスペースに8ユーロ・・・か、って。

 

てなわけで皆さま。

料金的なお話をさせていただけるならばですよ。

朝にタクシー代払って入園は無料でも、昼に地下鉄で行って入園料金払っても、たいして変わらないと思います。

ただし。早朝といえども無料目当てのお仲間旅行者は割といます。それでも開園後よりは圧倒的に人は少なく、のんびりと散歩をしたり写真を撮ったりできるというメリットは大きいなと思いました。なのでグエル公園へ行かれる際には、人気の少ない早朝の危険というデメリットと比較した上で、検討してみてください。なんせ料金的にはほんととんとんだから。まあ早朝に地下鉄使って行けばMAXお得なんでしょうけれども。

ちなみに。モザイクタイルのベンチに座ることはしても、立ってはいけないみたいです。なぜならば、監視員のお兄さんが注意してましたからね。どうかお行儀よく。

 是非。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

スペイン旅行④~シエスタ挟んでなんぼだって忘れてたわ~

f:id:arupounya3:20170921005830j:plain

靴!靴!靴!

 

ということで、La Manual Alpargatera(ラ マヌアル アルパルガテラ)へエスパドリーユを買いに行ってまいりました。

エスパドリーユは1足持っているんですが、これが夏は活躍してくれるんですよ。なもんで、もっと欲しい!つって、はるばるやってきたんですけれども。その時刻だいたい13時30分。

f:id:arupounya3:20170920203459j:plain

リサーチ不足によりすげなく門前払いくらいまして。

シエスタってやつですかね。

当然トライアゲインし、混雑していたので、レジで順番待ちの番号札をもらいました。

f:id:arupounya3:20170921002516j:plain

 そして片言の日本語を話してくれるおばちゃんに接客をしてもらったのですが、エスパドリーユはすべてハンドメイドのため、1足1足すべて試着して、その履き心地をしっかりと確かめたうえで購入するスタイルのようです。

ちなみに末裔が購入したのは2足。

f:id:arupounya3:20170921005438j:plain

 右にちら見えしているショーケースの上から2段目の黒のサンダル(約5000円)と、リュックしょったにいちゃんが履いてるデザインのアイボリー(約2000円)を購入いたしました。

っつーかこの兄ちゃんなんですけれども。

地元民か旅行者か知りませんが、なんでも履いていたビーサンが壊れたらしく、急遽靴を調達しに飛び込んできたらしいんですけれども。なんつーか、粋な応急処置だな!

末裔もそんな小粋なことできる人間になりたい。

けど折角買ったエスパドリーユが兄ちゃんのビーサンみたいに、どうか壊れたりしませんよーに。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

スペイン旅行③~缶箱は旅で役立つアイテムです~

f:id:arupounya3:20170920185654j:plain

 かわいいけれど味は不明。

 

有名なbubo BARCELONA(ブボバルセロナ)など、バルセロナには素敵なチョコレートショップがたくさんあるらしいんですが、その中でも末裔、Pastisseria La Colmena(ラ コルメナ)へ行ってまいりました。老舗ってやつです。

店構えはこんなんで、

f:id:arupounya3:20170921222439j:plain

 店内のショーケースにはチョコレートがずらりです。

f:id:arupounya3:20170921221856j:plain

そして美味しそうなショーウインドーも。

f:id:arupounya3:20170921222520j:plain

ほかにもキャラメルやケーキなども並んでいたはずです。

なぜ証言が曖昧かと申しますと、店内では末裔、チョコレートしか興味を示さなかったんですね。そしてそんな末裔が購入したお品の一部のメンバーがこちらです。

f:id:arupounya3:20170925192930j:plain

スタイリッシュなプラネタリウムみたいな形のチョコはお酒がきいていたのをおぼえていますが、すべて等しく美味しかったです。でもフロランタン乗っかってるのが一番末裔としては好みでしたが、お酒風味以外は大人要素のほぼない、子供にもわかる甘さの美味しいやつでした。

たしか6つか7つ購入したんですけれども、お値段だいたい850円ほどで、こんな風に包装されて手渡されまして。

f:id:arupounya3:20170921222640j:plain

これ中絶対に一緒くたにされてるじゃないですか。でもバルセロナの9月って温暖で過ごしやすいじゃないですか。そしたらチョコレートって柔らかくなって、無造作にバッグに入れようものならメンバー同士が衝突して、関係が壊れてしまうかもしれないじゃないですか。

折角はるばるバルセロナまでやってきて買ったのに、そんな悲劇は防がなければ!っつって。

もうね、チョコレート購入以降、この日はずっとこうですよ。

f:id:arupounya3:20170921223302j:plain

昔のアニメで見かけた、酔っぱらったお父さんが家族に買ってくるお土産の箱すしスタイルです。

以上、チョコレートにとても気を使ったというお話でした。

 

ってなわけで皆さま。

もしもPastisseria La Colmena(ラ コルメナ)へ行かれる際には、コンパクトな缶々等を持参することをおすすめします。でないと、チョコレート同士をごちゃつかせるか、お父さんのお土産スタイルの2択なんてことになるから。

是非。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

スペイン旅行②~事前予約の手間は省くべからず~

f:id:arupounya3:20170920182256j:plain

 お気に入りの1枚なんです。

 

ということで、ありきたりではありますが、はじめてバルセロナへ行ったならば、ここへも行っておかなきゃでしょう!つって、行ってまいりました。

サグラダファミリアへ。

もちろん日本で事前予約をしたうえで。

そうしておかないことにはあほほど並ばないといけなくなるという話しですからね。

その甲斐ありまして、入場時間はほぼゼロでして、ええ。

そしてここはほんとね、人生で一回か言った方がベターですまじで。

集中力のなさに定評のある末裔なんですけれども、ここばっかりは時間があっ!という間でしたからね。建築ってすごいですよね。某ランドのはちみつの壺にライドオンしてはちみつ探しの冒険するみたいなわかりやすい体験アトラクションとは違って、ただ見ているだけなんですけどね。その空間にただいるだけで楽しいんですからね。

とにかくわくわくする!っつって。

ガウディの凄さを体験した気分です。

 

さて皆さま。

どうせ言われなくてもバルセロナへ行ったらサグラダファミリアへ行かれることでしょうから、末裔からは何も言うことはありません。

てなわけで、最後にサグラダファミリアの塔からの景色だけ置いておきますね。

f:id:arupounya3:20170920174351j:plain

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ