読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

山口旅行⑥~気が付けば旅行Magic~

f:id:arupounya3:20170311181708j:plain

 ずんぐりむっくりおめめはじっとり。

 

さて一泊した下関。お次は山口市へと向かいますがその前に、関の氏神さまにお別れの挨拶へとまいりました。

なぜならば、広い空と鳥居の向こうに見える海の景色をもう一度眺めたかったからです。

f:id:arupounya3:20170312080413j:plain

 清々しい朝7時。

 

JR山陽線にて下関から新山口を経由して、山口へと向かいます。

f:id:arupounya3:20170312084743j:plain

 よろしくお願いします!

f:id:arupounya3:20170312084402j:plain

ちなみに下関駅にあるスーパーおよびお土産屋さんは7時から開店しておりますので、お土産を調達するのにも暇を潰すのにも便利です。

 

旅行の目的ってひとそれぞれだと思うんですよ。

ご飯だったり、温泉だったり観光地だったりすると思うんですよ。で、じゃあ観光地って言ったってさまざまで、山があれば海もありますし、景勝地や美術館、歴史的なあれこれだったり、最近だと聖地巡礼なんてのもあるじゃないですか。

よそ様方にも色々と趣味嗜好がおありだと思うんですね。

で、その中で優先順位があって、旅行プランって組み立てるじゃないですか。

 

じゃあ末裔は何かってーと、まあ基本社寺仏閣なんですよ。そして2番目は、しいて言うなら食事なんでしょうかねぇ。ただその食事も一人旅だとあまりに慌ただしいタイムスケジュールのせいでゆっくり食べている時間が基本ありませんで。まあ全部自分のせいですし?不満はないんですけれども、ただ飯食ってる時間がないのも事実でして。

でもその土地産の食事や銘菓は食べたいわけですよ。

なもんで、移動の合間々々にちょいちょい摂取するっつーやり方が常なんですね。

で、この移動中も他の乗客の迷惑にならない程度に、こそこそといただいたのがこちらです。

f:id:arupounya3:20170312085138j:plain

生大福でおなじみのなごしさんのレモンケーキです。

別に珍しいお菓子ではありませんが、末裔、レモンが好きなもんで、ええ。

しっかり甘くてほのかな酸味のスポンジとさっぱり味のアイシングでおいしいマッチング成立です。

そしてこちらは下関駅にありますスーパーでなんとなく購入した白味噌羊羹と醤油ゼリーです。

f:id:arupounya3:20170312082333j:plain

こちらも特別物珍しいわけではありませんが、美味しいからよし!

 

さて皆さま。

旅先だから!っつって、目に映るものすべてが目新しくてついつい買ってしまったんだけれども、後で冷静になって振り返ってみると、全然珍しくねーしどこでも買えるじゃねーか!みたいな、旅行Magicってあると思うんですよ。

なにが言いたいかっつーと、レモンケーキも羊羹も割と旅行Magicだったなって今ではわかるんですけれども、どちらも山口製だからギリでよし!

是非。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

山口旅行⑤~そこに福岡県があったから~

f:id:arupounya3:20170311145034j:plain

クリアファイル!!!。

 

さて、山口県に初上陸した末裔の一日は まだ終わりませんで。

なんせ福岡県がすぐそこに見えてるもんだから、そっちにも初上陸しておきましょうかってことで。

福岡県は門司へちょろっと行ってまいりました。

上陸方法はと言いますと。

それがこちら。

f:id:arupounya3:20170311151613j:plain

関門トンネルです。

その距離ざっと700M。自転車だと50円かかりますが、徒歩なら無料ということで、入ってみたんですけれども。

このトンネルの外は海。なにそれ怖くね?

っつって。ちょっと閉所に恐怖をおぼえるタイプなことに入ってから気付きまして。なもんで長居は無用!っつって。

門司に着いたらあの和菓子屋さんで、あんな大福こんな大福、どんな大福買おうかなー?!と考えながらすげえ早歩きで通過しまして。

でもちゃっかりシャッターは切りながら。

f:id:arupounya3:20170311152321j:plain

 めでたく福岡県初上陸した末裔がまず向かったのがこちら。

f:id:arupounya3:20170311153149j:plain

f:id:arupounya3:20170311153427j:plain

 九州最北端にあります、和布刈神社さんです。

こちらの和布刈神社さんなんですけれども、もうね、ぎりぎりなんですよ。

なにがって、海が。

境内にあるこちらの鳥居の向こう側が、

f:id:arupounya3:20170311153455j:plain

こうなってますからね。

f:id:arupounya3:20170311153405j:plain

 もうね、ぱっしゃぱしゃ。

夕暮れ時には階段の方向に沈む夕日が見えてよさげで。

末裔も、階段に座ってのんびりと関門海峡と夕日を眺めて、なんとなく感傷的な気分になりそうな気がして、でもやっぱりならなかったけどそこはかとない充足感はたしかにあったりして。

おすすめかと。

 

さて和布刈神社さんでまったりぶっこいた後はもうね、駆け足です。

神社前から出ているバス(本数少なめ)で門司港へ行き、そこから徒歩で5分くらいでしょうかね?

和菓子屋さん「なごし」さんへ伺いまして。

なぜならば、この生大福が食べてみたかったものですから。

f:id:arupounya3:20170311184015j:plain

 抹茶生大福は、抹茶クリーム、あんこ、羽二重餅

あくまのいちごは、苺とまさかのチョコレート、羽二重餅の三重奏となっておりまして、そのどちらも、指でつまむんじゃない!掌(たなごころ)にお乗せしろ!っつーくらい柔らかく、めっさおいしかったです。どちらもだいたい200円です。

 

さて皆さま。

福岡県は門司へ来たならば、ふぐにまみれたいんだという方。

こちらの和布刈神社さんにはこんなおみくじがあります。

f:id:arupounya3:20170311153641j:plain

 ひかれてみてはいかがでしょうか?

是非。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。

人気ブログランキングへ

山口旅行④~運勢がニッチな御籤でいいじゃない~

f:id:arupounya3:20170311121022j:plain

タッチが好き。

 

さて末裔、維新発祥之地、下関は長府へ行ってまいりました。なんせ唐戸からバスでせいぜい20分程度なんでね。まあ行ってみようって気になる距離じゃないですか?

 

町の規模は小さめとなっておりますが、見所はいくつもあります。

そんな見所の中から、

忌宮神社さん。

f:id:arupounya3:20170311125314j:plain

乃木神社さん。

(奥さまとのお話に夢中になり過ぎたためNO Pictureです)

長府毛利邸。

f:id:arupounya3:20170311134027j:plain

お雛様連中かるた中です。

f:id:arupounya3:20170311134143j:plain

f:id:arupounya3:20170311134548j:plain

f:id:arupounya3:20170311134311j:plain

功山寺

f:id:arupounya3:20170311135156j:plain

f:id:arupounya3:20170311135453j:plain

いろんなお寺によくいる小坊主です。

f:id:arupounya3:20170311140328j:plain

f:id:arupounya3:20170311140504j:plain

だいたい2時間くらいでしたかね。のんびりと歩いて巡りまして。

f:id:arupounya3:20170311141345j:plain

疲れた頃に、壇具川沿いのお店で一息つきまして。

f:id:arupounya3:20170311142813j:plain

 ちなみに。ちょこっとついてるラスクは、末裔ががっつりスイーツは食べたくない、けど少し食べたいんだよなぁーっつって、もう何度も確認したメニューを無駄に、

なに?煎餅でも焼いてんの?

っつーくらいひっくりひっくり返していたら、50円でつけてくれたやつです。

その節は、ありがとう。

で、ここで末裔、乃木神社さんでおみくじ引いていたことを思い出しまして。

それってーのがこちらなんですよ。

f:id:arupounya3:20170311143638j:plain

フォーチュンクッキー的なね。

で末裔、食いもん持ってたわ!っつってこそこそ開けてこそこそ食べてたんですけれども、これってメインはおみくじじゃないですか。

だから、

どれどれ?

っつって開いた結果。

f:id:arupounya3:20170311143840j:plain

旅先でそれ言われてもなー、って気持ちになりました。

あと言っておくけど、井戸なんて多分一生掘らねーからー!!

柱はお茶飲んだ際に立ったらうれしいからよし!

あちなみに。

さだん(定)ってなんぞ?と思って調べてみたところ、十二直(じゅうにちょく)という歴注のなかの運勢のひとつで、善悪が定まる日とのこと。

 

てなわけで皆さま。

山口は長府の乃木神社へ行かれた際には是非クッキーおみくじを引かれてみてはいかがでしょうか?井戸掘りの他にも道路修理や服薬、漁猟と、十二直表示のおみくじがなかなか面白そうです。

出陣なんてのもあるっぽいので、もし出たら、狼煙をあげろ!法螺貝を吹け!!

是非!!

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

山口旅行③~グレーに漂う安心感 関の氏神さま~

 f:id:arupounya3:20170311120740j:plain

 画:熊谷まちこ さん。

いい味でてます。

 

続きまして、関の氏神 亀山八幡宮さんへとやってまいりました。

っつかこちら、赤間神宮さんのすぐご近所さんとなっております。

で、下関まで来たわけですし?関の氏神さまへご挨拶しないっつー選択はないでしょう!

ということでまいったんですけれども、なんせ眺めがよかったです。

f:id:arupounya3:20170311120239j:plain

 全体的に灰色の境内と相まってか、一層空が広く感じます。

本殿も、まるで仕事ができるサラリーマンのような佇まいですからね。

f:id:arupounya3:20170311120213j:plain

 こんな上司だったらいいなっつー安心感があります。さすがは関の氏神さまですわ。

 

で、御朱印帳はこちらです。

f:id:arupounya3:20170311115956j:plain

f:id:arupounya3:20170311120001j:plain

f:id:arupounya3:20170313183641j:plain

 

さて皆さま。

下関へ来たならば、ふぐにまみれたいんだという方。

こちらの亀山八幡宮さんにはこんな絵馬があります。

f:id:arupounya3:20170311115934j:plain

書かれてみてはいかがでしょうか?

是非。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ

山口旅行②~赤間神宮晴れ尽くし~

f:id:arupounya3:20170311113017j:plain

 御朱印待機中。

 

唐戸市場にてさささっと昼食をすませた末裔、徒歩で10分ほどのところにあります赤間神宮さんへやってまいりました。

ご祭神は安徳天皇のこちら、竜宮造りというからには、きっと竜宮城をイメージしていらっしゃるのでしょうね。たしかに竜宮城っぽいかもしれない。と、言われるがままそんな気分にさせられる赤間神宮さんなんですけれども。

 末裔が参拝した際に偶然素敵な光景に遭遇いたしまして。

f:id:arupounya3:20170318105329j:plain

おめでとう。

晴れ空のした人生の晴れ舞台に赤間の舞台で晴れ着がとっても素敵です。

本殿も、赤に白に緑に金、それに空の青が相まって、見ているだけで感情の底が持ち上がるような風景です。

f:id:arupounya3:20170311113156j:plain

そしてこちらの赤間神宮本殿左手側へ進むと、奥へと続く細い階段があるんですけれども、その階段、ふたつの神社へと至る道となっております。

それがこちら。

f:id:arupounya3:20170311114017j:plain

←大連神社と紅石稲荷神社→です。

ここまでやってくる参拝客は少ないようで、末裔が参拝している間は独り占めさせていただいてしまいました。静かというよりは穏やかで、とても心地よかったです。

f:id:arupounya3:20170311114417j:plain

 少し春。

 

そして赤間神宮の御朱印帳なんですけれども。

f:id:arupounya3:20170311113029j:plain

f:id:arupounya3:20170311113036j:plain

別ヴァージョンも。

f:id:arupounya3:20170311113105j:plain

f:id:arupounya3:20170313183632j:plain

 お好みの方を、是非。

 

 ↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。


人気ブログランキングへ