読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良の末裔

あたし旅に行ってきたから、ちょっと話を聞いてって!

オーストリア&フランス旅行⑥~セーヌで思うは掬星台のあの気持ち パリ編~

f:id:arupounya3:20050101000020j:plain

トイレットはこっちなんです(この子にはサント・シャペルで会えます)。

 

f:id:arupounya3:20050101000010j:plain

 さて末裔、エッフェル塔でディナーをしてまいりました。

お店はエッフェル塔のお手頃な方。58 トゥール・エッフェル(58 Tour Eiffel)さんです。

まあおいしいのではないでしょうかね。よくわかりませんけど。

別に舌がばかっつーことはないと思うんですけれども、なんと言ったらいいんでしょうかね。こないだ友人宅近所で食べたバインミーも、自分で作った大根と豚バラの煮物も、会社近くのお店のナポリタンも、同じようにおいしいっていうか。よく言えば、味覚が博愛っつーか。まずくない限りはなんでもおいしいっつーか。

でも一番おいしいのはやっぱ親の作るご飯だなぁ。みたいな。

大きな違いがあるとしたら、エッフェル塔で食べられるというシチュエーションがスパイスになるかどうかなんでしょうね。

末裔、たいしてならなかったんでしょうね。

結果、普通においしかったです。

 

で、食事の後はエッフェル塔の目の前にありますバトーパリジャン船着き場からナイトクルーズもしてまいりました。

f:id:arupounya3:20160925203448j:plain 

キラキラ光るエッフェル塔や、

f:id:arupounya3:20160925203603j:plain

ライトアップされた ノートルダム寺院や、

f:id:arupounya3:20160925203749j:plain

ライトアップされた何かを、寒空の下で寒風と一緒に満喫してまいりました。

セーヌ川沿いには人々が集い憩う姿があり、いくつもの橋をくぐる時には、そこからパリの歓迎の声が降ってくるっていう素敵クルーズで、ど定番ながらすんげー楽しかったです。

防寒がもっとしっかりしていたら、もっと楽しかったのでしょう。

夏だったら、楽しいに違いないのでしょう。

 

さて皆さま。

クルーズ船は屋根に出て景色を楽しめる仕様だったんですけれども、あまりの寒さにまず伯母がそうそうに船内に引っ込みまして。ってーことは伯父も引っ込むわけで。それでも末裔は外でクルーズ楽しみたかったから、カップルや家族で楽しむ人々の中にひとりぽっちで残りまして。まー身も心も寒いっていうね。で、去年の年末行った掬星台でもこんな気持ちだったよな・・・。なんてふと思ったりしていたんですけれども、それでもちゃんと楽しめました。

したっけ、ものは試しに是非ど定番の観光ですが、行かれてみることをおすすめします。

心と体のコンディション次第では、こりゃ相当楽しいと思いますので、是非!

 

↓ もしよかったらひと押しお願いいたします。

人気ブログランキングへ